SCAJ 第14回中級カッピングセミナー 名古屋に行ってきました!

しばらくblogを書いていませんでした、いけませんね。。
20代前半のころは湯水のようにblogをかけたものですが。。
今回2016年のではなく2015年のSCAJ 第14回中級カッピングセミナー行ってまいりました(周回遅れ)のでその内容をば。

会場は名古屋ボンタインコーヒー

SCAJ協会員になって2年目のカッピング申し込みですが、相変わらず東京でカッピングをさせてもらえません(泣  東京は初級2回、中級1回と申し込みましたがいずれも抽選漏れ、2014年に比べて2015年はぐっとカッピングの抽選が厳しくなったように感じます。
ちなみに2016年も初級中級と東京での抽選は漏れました。。ので2016年はカッピングなしでロースト品質ワークショップのカリブレーションカッピングにかけてたのですが、品質ワークショップにも漏れました泣。

カリブレーションカッピング

今回のメイン講師は菊池さんでした!
ちなみに会場は人がいっぱいでした。 およそ1年前の内容なので、あまり詳細を覚えていないのですが手元のメモに「クラスト1〜1分30」とダイイングメッセージが書かれていました。おそらくお湯を刺してからそれぐらいの時間から確認しろよということだと思います。

とにかく1セッションをやって、みなで点数のレンジに手を挙げ、ディスカッション。相変わらずみなさんコメントがないのでバンバンコメント言いまくってましたが、それが的外れで非常に恥ずかしい思いをしました。が恥ずかしい思いをする場所なのでそれでいいんです!

カップはいつも通り4カップで、ブラジルのナチュラルでした。 コモディティのNo2に68点をつけて正解だった以外は、アンダー80に85点、レイトハーベスト#17の85点のものに81点、あろうことかオーバー80に63点をつけていました。鈍重なアシディティや渋みを感じたような気がしたんですが。。。。。。

ここで紙ディフェンスの私の精神がやられます。

セッション2-4

1セッション目のカリブレーションが今回の結果全てを物語っていました。

  • 2セッション目もブラジルのナチュラル。今度はコモディティに高い点数をつけ。。
  • 3セッション目はウォッシュト、トップスペシャルティとスペシャルティを取り違え。。
  • 4セッション目は再び84点越えに60点台をつけるなど

どうですかこの快挙の数々。ええ、もうほとんど泣いてました。もちろん修正をしていってる痕跡も見て取れるのでそのあたりには成長を感じるようなきもします。 2014年の中級の結果が良かっただけに自信が音を立てて崩れていきました。

SCAJ 第13回中級カッピングセミナー(神戸)に参加してきました


実は翌々日に第8回リトリートがせまっていたので、その時にカップが取れないといけないと思って無理やりねじ込んだカッピングだったんですが。

雑感

カッピングは自分の評価が外れると、以降どんどん疑心暗鬼になってしまって「今、自分は何の項目の評価を取ろうとしているのか」という意識がふっとんでしまいます。同時にまた、年1回でのカッピングだけではやはり難しいなぁということも感じました。ちょこちょことですが、点数をつけるカッピングセミナーはいくつか受けてはいるんですが、まだまだ私のカッピング能力にはのびしろ(鍛錬の余地)があると痛感しました。伸びろ俺! 

ちなみにJCRC2015 ジャパンコーヒーロースティングチャンピオンシップで1位になられたGOLPIE COFFEE(ゴルピーコーヒー)さんによってきました。でかいプロバット!

コメント